Traffic analysis

『ソラノヴァ』とは?

ストーリー

300年、いや、もっと…おそらく500年ほど昔……。

大地は大きな悲しみと残忍な笑みに覆われていた。
魔族が世界の「割れ目」を開き、そこから現れては破壊と殺戮を繰り返していた。
そして世界は外殻大地《シェル》に建てられた魔族の城「天空城」により支配されていたのである。

わずかに生き延びた者も絶望に打ちひしがれ、神の降臨を願い、祈りを捧げた。

長い祈りの末、奇跡はおきる。
神は人々に知恵と技を与え、人々と共に魔族を打ち払ったのだ。
外殻大地は魔族の城とその力の源と共に崩れ落ち、
魔王とその側近は我先にと「割れ目」に逃げ出していった。
人々は彼ら自身を束縛していた鎖を断ち切ったのである。

そして、人々を救った神への感謝・信仰が「モリアス教団」となり、
信仰の象徴として新たな「天空城」を作り上げた。

……と伝えられている。



モリアス教団は大陸を統べるほど巨大な力をもつ組織となっていた。
魔族は朽ち教団の統治は進んだ。
しかし、善と悪の衝突の歴史の真実は覆い隠されたまま……。

そして、魔法定理《ウィザード》を携えし少年少女が現れる、
彼らは道を選び進んでゆく。その心のままに。